徒然なる・・・

たわいのない日常雑記やらネタの下書き
<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - |スポンサーサイト | category: - |
<< ばっとっん | main | サンホラ国王陛下生誕後夜祭 >>
# さださん、ニューアルバム
今日はさだまさしさんのニューアルバム「予感」の発売の日でした。

収録曲の「つくだ煮の魚」という曲の歌詞が、さださんにしちゃ珍しい詩だな…
と思ったら井伏鱒二の詩で、しかも知らない詩だったことにショック…
文学部出身(しかも卒業した後もワガママ言って研究に残ろうとして数年無為に過ごした)とは口が裂けてもいえない状況に自らを追い込んでしまったようです。


一応、毎年一枚、アルバムを出し続けているさださん。
しかし、私の頭が衰えたのか、熱が冷めているせいか、4年前のアルバム「美しき日本の面影」に収録されていた「天然色の化石2006」以降の曲の記憶が…
(しかもこの曲、90年にリリースした曲のリニューアルバージョンなので…
私の頭は、もはや新しい曲を覚えられないんじゃ…と、遠い目をしました)

あ、昨年発売の「私は犬になりたい¥490 ―」があった…

あれは…売れたから覚えている(苦笑)
しかも、マキシシングル一枚本当に「490円」だったから。


高校〜大学時代の、熱狂的さだまさし好き!!な私を知っている人には驚かれるのですが。
ここ数年…ざっと数えて、5年以上、コンサートに行っておりません。
年に一度、生さだまさしを見なくては落ち着かなかった頃とは、えらい変わりよう(笑)

ちょっと値段の張った、トーク集のCD10枚セットを、4年半くらい前に貸したまま返してもらえなくても、しょうがないか、と苦笑して済ませられ…


いや、やっぱり、これはちょっと悲しい。
私、まだ3枚目までしか聞いてなかったから(苦笑)

まあ、、程よく枯れたというか。
ありていに言いますと、引越しが多かった割りに、コンサート会場の近くに住めなかったり。
引っ越した直後くらいに、前の住所付近でコンサートがあったりしたわけで…。
師匠も、一応、さだファン。
なので、隣県でコンサートがあった場合でも、一緒に行けないとわかると、あっさり諦めたりもしていたりしていました。
(一人で上京したり西日本まで足を伸ばしたりと、泊りがけで遠方のコンサートに行くことが、ちょっと出来ない小心もの)


今回のアルバムは、80年代前半頃の感じがまた出てきてるかなあ、とか勝手に思っていました。
良いアルバムです、多分。
でも、やはり私の頭は曲を覚えてくれなくなったみたいです。
寂しいなあ。


…それは、そうと…後輩のSくん、トーク集、返して…
あ、うち、住所3回も変わったから、返しようがないのかも
| comments(0) | trackbacks(0) |さださん、ニューアルバム | category: 日常雑記 |
# スポンサーサイト
| - | - |スポンサーサイト | category: - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://chakky.jugem.jp/trackback/916
トラックバック
Selected Entry
Archives
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
Search this site
Sponsored Links