徒然なる・・・

たわいのない日常雑記やらネタの下書き
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - |スポンサーサイト | category: - |
<< 「心が叫びたがってるんだ」… | main | 「僕だけがいない街」アニメの方 >>
# テレビ放送してた「屍者の帝国」
豆まき!
殻付きピーナツをまいて回収。
食べるのは味付きの炒り大豆です。


さて。
先日テレビ放送してた「屍者の帝国」を録画して見ました。

原作未読です。

ここ数年、この作者の作品(と言っても3作品しかないのですが…)が書店に並ぶなあ、と思っていたら、3作品全部アニメ化というね…。
興味を持ったものの、アニメ見たから読むのかよ、メディアに踊らされてさ、みたいな思いが自分にあるものですから、読むのを躊躇したまま、アニメ見たわけです。

感想。
うん、わからん。

あらすじを書こうと思ったけれど、複雑に入り組んでて、私では無理。

19世紀末、ヴィクター・フランケンシュタインによって屍体の蘇生技術が確立された世界。
屍者が労働者として働いている。
フランケンシュタイン博士の作った屍者(ザ・ワン)は意志を持った屍者だったが、労働者として使われている屍者は意志を持たないものだった。

主人公はワトソン。
友人のフライデーを「意思を持った屍者」として蘇らせたいと願っている、が、甦ったのは、やはり意思を持たない屍者だった。

なんやかんやいろいろあって、てんやわんやあって、世界がみんな屍者化する事態になり、ザ・ワンも含め、いろいろドンパチやる事になります。

という話。

途中から説明ぶん投げたのは、明らかです。

でアニメ。

絵はきれいでした。
きれいすぎて、屍者作る描写が私にはエグかった…。

そこそこ重量のある小説(らしい)を、2時間程に詰め込んだものだから、展開が早いし、置いてけぼりにされるところも…。
(私がついていけてないだけ?)

ラストのワトソンの行動が、何か不明…。

ということで、原作読まなくちゃ、という気にはなりました。

アニメの方は、原作を元にしたプロによる二次創作、という位置づけらしいので。
(制作側がそういう意味の事を言ったとか言わないとか…?)
| comments(0) | trackbacks(0) |テレビ放送してた「屍者の帝国」 | category: その他・感想 |
# スポンサーサイト
| - | - |スポンサーサイト | category: - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://chakky.jugem.jp/trackback/1243
トラックバック
Archives
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
Search this site
Sponsored Links